まゆげ描く男

全身の毛がないナイ男のあるアル話や体験談。

円形脱毛症はほっとけ-その辺の医者行っても意味なし、これはホント-

ヤ―マン♪

MAYUGE-NICEです!

ヤ―マンとは、あのウサインボルトを生んだ国、ジャマイカの挨拶です(^-^)

何回か旅行行った程度のほんのりジャマイカ好きです、自分。

 

はい、今日は円形脱毛症の体験談。

自分がハゲ体験を初めてしたのは小学2年のころ。

親に円形脱毛症を発見されましたが、その時はまだよくわからず自然に

治ったらしい。

 

次は中2のときかな?

やっぱり円形脱毛症になったらしい。

らしいというのは、友達に指摘されたんだけど、自分で確認もしなかったし

また自然と治っていた。

 

自分は割と人付き合いで気を遣うことがあり、学校生活での友達付き合い的な

ものがストレスだったのかな?今思うと。

中2の時は、部活(ちなみにバレー部。バスケ部なかったので、体育館内ならバスケできるかなと思って入部)で部長を任されるタイミングぐらいで、そのプレッシャーとかもあった気がする。

 

主な原因をざっくり考察すると

・人間関係

・プレッシャー

でもこれって程度の差はあれ、誰でも感じることで。

それを考えすぎるとダメなんだろうと思う。

 

そして次に円形脱毛症になったのは26歳のとき。

毎日楽しく、好きなことばっかしていた時期。

自分、彫金の専門学校を出たんですが、このころに自分のブランド的な

のを作って(今思えば全然お遊びレベル)バイトとアクセサリー作りを

せっせとしていた。

ただ現実的にそんなにスキルもなく売れないし、26歳でバイトだし。

みたいな良くない思考の循環が...

すっかり楽しさを忘れてどんよりしちゃってた頃、気付いたら人生3回目の丸いハゲちゃん。

 

この時は将来への不安とかが急に出てきて、そういったものが重なり

うつ病になっていた。(医者に診てもらったわけでないが、間違いなくそうだった)

この時に円形脱毛症を診てもらう目的で初めて医者へ。

そのときは触診と赤外線当てて、帰りにフロジンて薬とあと何かもらった。

↓これ↓

f:id:mayuge-nice:20170729211817j:plain

 

一応初めの1週間ぐらいは毎日患部につけていたが、特に期待はしてなかった。

結局4か月ぐらいしてからかな?自然と産毛が生え、それから毛は成長してハゲは

治った。

フロジンはつけたりつけなかったりだった。

この時期医者は2件いったのだが、どちらの先生も「ストレスですねー、塗り薬出しておきましょう。」的な定型文を業務的にいうだけ。人間観察は割と鋭い方なので、結局医者もわかってないんだなと感じた。

 

自分の3度の体験からすると、円形脱毛症はほっとけばよろしい。

気にするほうがよくない。

こういう意見はネットなんかで見ますけど、当たっていると思います。

自分はこれでしたから。

全身脱毛症と円形脱毛症はまた違う症状が出て違う経過をたどる、というのも

後に体験することになります。

 

今日はスラスラ書けた!