まゆげ描く男

全身の毛がないナイ男のあるアル話や体験談。

自律神経の乱れ? 其の1 -2年前乱れまくった件-

 

こんばんは。

ブログを書く制限時間は赤ちゃんの次のミルクの時間が来るまで、

まゆげナイスです。

今回は2年前にめまいと耳鳴りに完全にノックアウトされた話です。

その時はハゲも進行中でしたが、因果関係があるのかどうかは未だにわかりません。

 

当時(2015年)、結婚式という人生の一大イベントを終えてから2か月ぐらい経った時期でしょうか?

仕事に集中しようかというモードでしたが何か調子が出ない。

その時の職業は営業で、毎日人と会って話してというルーティーン。

不調の要因としてやはり所々ハゲているのがどう見られているか気になって、なんかぎこちなくなるというか...

そうすると気心知れた人は良いのですが、どうしても新規顧客にアタックするというのが消極的になっていきました。

 

加えて営業所の問題児的な(Kと呼びます)、それでも一応1つのチームのリーダーを任されていたKが出世をしたい為、周りを巻き込んで実績作りに必死に。

強引なやり方で自我を押し通し、営業所に味方など一人も居なかったのですがお構いなしに直接社長に猛アピール。

数字だけでしか判断しない社長がKの残した実績を高く評価し、営業所の所長代理まで

昇進しました。

同じチームリーダーをやっていた自分もライバル視され、同じ所内にいるだけでもとてもストレスでした。Kは昇進して1年ぐらいの間社長は彼をサポートし続け、イエスマンばかりの社長の手下共もいっしょになってKを持ち上げていました。

完全に図に乗ったKは頓珍漢な改革案をいくつも用意し、皆を困惑させ続けました。

(結局最後、Kは不祥事でクビになるのですが。)

 

そんなこんなで会社に対する不信感が拭えず、こんな会社辞めようと常に考えるようになっていました。

 

おっと、制限時間いっぱい

ミルク欲しさに口パクパク始めました 汗

明日に続きまーす!