まゆげ描く男

全身の毛がないナイ男のあるアル話や体験談。

趣味のハナシ-24時間かけてボブマーリーの国に行ってみた 23歳の冬 其の三-

こんばんは🌆

さぁ、続きを書きます。

 

国際線が着陸する空港はジャマイカで2つ、首都キングストンとモンテゴベイ。

キングストンのはずれに宿を予約したのでそれまで1時間ぐらいのドライブ。

トニーさんの裸足アクセルも驚いたけど、信号待ちの時、車のワイパーと水を持った10歳ぐらいの男子がフロントガラスを洗い日銭を稼いでいた。(一回20円ぐらい。)

早速ジャマイカの現実をみた気がした。

 

トニーさんは街中で知り合いを見つけると途中で停まって10分ぐらいお喋り。

これが2〜3回あったかな?

窓の外には赤や黄色や緑の服を着た人達で賑やか。

ジャマイカ着いて30分ぐらいであまりにも日本と違う感覚に脳がついて行かなかった。

そして宿に到着。日本人の女性が経営している宿で安心でした。

ジャマイカには日本全国から色々な人が来るていて、宿では標準語と関西弁と九州弁と秋田弁とパトワ(ジャマイカの言語)が入り乱れていた。

 

キングストン規模感でいうと、中心部は日本の栄えた地方都市みたい。

あとはショッピングモールが連なる原宿みたいな感じのとこ(人がウジャウジャって意味で)があったり、あとは幹線道路沿いに栄えてたりいなかったりとか。

 

おおまかに分けると、アップタウン(比較的裕福な地域)とダウンタウン(普通か貧乏な地域)に分かれていて、ホントに貧困層の地域には行かないし行けない。

普通に歩ける街はとにかくガヤガヤしてて、音楽がガンガン流れてます♪

歩いてると暇なジャマイカンにたかられたり、しょーもない話をしてくるので無視。

スリとかもいるし治安は悪いし、気は抜けないが、もちろん良い人もいっぱいいる。

 

とても人間らしいぶつかり合いも多々あるので人生勉強にもなるし、日本の良い所、悪い所なんかも比べてみたりして。

 

この後、都合ジャマイカは3回行く事になるのだが、ジャマイカネタでまぁまぁブログ書けるけどこのブログの本題からズレまくるので、とりあえず一旦終わります。

 

書いていると昔の事を思い出すもんですねー!-