まゆげ描く男

全身の毛がないナイ男のあるアル話や体験談。

まゆげナイッスあるアル 其の四-帽子が増える-

いやぁ、

ウサイン・ボルトのラストラン。結果は銅メダルでしたが間違いなく今後も現れないようなスーパースターですよね。

ホント、ジャマイカの英雄でした...

あのハードな環境の国で、暑さにも負けずハングリーに練習して成り上がり、世界のトップになるって半端じゃないですね。

 

で、今回は夏の必需品について。

何話か前に夏は日焼けしたくなると書きましたが、自分普段出かける際は帽子を被ります。

ツルツル頭は紫外線に敏感で、ずっと晒していると低温ヤケド状態に。

実用性とファッション性を兼ねて帽子はマストアイテムなのですが、私物の中でこの形はオススメ!というのをいくつかご紹介!

 

まずはCAP。

少年野球からおじいちゃんの散歩まで抜群の汎用性。

f:id:mayuge-nice:20170806154804j:plain

夏はTシャツにお気に入りのスポーツのチームのでも被っていれば街に溶け込みます!

 

次にバケットハット。

日除けの性能としてもバッチリ、ハゲを隠す面積も多い。

f:id:mayuge-nice:20170806154946j:plain

無地はハイキング感がでるので柄物が良いのでは?

 

こちらはカジュアル過ぎずカッチリしすぎてないポークパイハット。

襟付きの服に合わせるといつもと違う雰囲気に。

f:id:mayuge-nice:20170806155155j:plain

たまにノリタケさんとかこの形被ってますよねー!

 

そしてハンチング。

f:id:mayuge-nice:20170806155510j:plain

割と坊主の人とか、自分と同じまゆげもないツルツル系の人が被ってたりします。

また、スーツやYシャツに合わせている外回りのサラリーマンも何人か見た事あります。

ビジネスシーンでもTPOに合わせて被れそう。

 

こちらは中折れハット。

自分は友人の結婚式はこれ被っていきます。

f:id:mayuge-nice:20170806155727j:plain

素材もシーズンに合わせてチョイス。

ツバの広さやトップの高さ、中敷きがあるか無いか等、中折れハットはとても種類があります。

スーツやジャケットに合わせるのなら、帽子専門店でしっかり選ぶのをオススメします。

個人的にオススメなお店はコチラ↓

地元の老舗で帰郷すると必ず寄ってます。

オーナーが数ある帽子のなかから似合うものをチョイスしてくれます☆

f:id:mayuge-nice:20170806160926j:plain

 

群馬県高崎市通町62

MW COLLABORATION

http://moderntimes-co.net/

 

服を着る、ズボン履く、靴を履く、で帽子被る。

髪があっても無くても、自分に似合う帽子をチョイスして外へ出かけましょう~!