まゆげ描く男

全身の毛がないナイ男のあるアル話や体験談。

まゆげを書く朝の5分

あー、暑い‥

書いている今は2017年7月21日。

午後の4時半ぐらい。


ラジオを聴いていたらなにやら今年は

スーパー猛暑らしい(´༎ຶོρ༎ຶོ`


猛暑

だけでも暴力的な響きなのに

スーパーを加えたら、ある種の

キャッチーな感じが出てトレンディな

感じがします。


自分のここ何年かのトレンドは朝まゆげを

描くこと。

まゆげを剃ったことある方は分かるかも知れませんが、無いと違和感バリバリ。


世の男子が朝の5分で髪型をセットしている時に、自分はまゆげを書く。

朝起きて十数分で鏡と向き合い、現実と向き合うのである。


今は以前より上手く描けているハズだし、描く事にも抵抗は無くなった。

ただ時折まゆげがあったら、頭髪があったら等、当然考える。


考えすぎてしまうと朝から気持ちが重くなる。

1日のパフォーマンスに影響が出る。

だからある時期から上手に、自然にまゆげを描いてやろう、という気持ちで取り組む

ようにした。


そうすると朝のまゆげを描く5分が苦にならなくなった。

嫁さん曰く、嫁さんの親友の女性より描くのが上手いらしい。


全身脱毛症になってから考える事や感じる事が山の様にあるが、

とりあえず感じた事の一つに、セットする5分(人によってはもっとかかるだろうが)

で自信を持って仕上げればその日1日は

有意義になる。

勝手にそう思っているが、間違ってはいないと思います。